怒りはたまる

私ってくそ真面目なんです。

 

義理は返さなきゃいけないって思うし、

たいして好きじゃない人から死ぬほど長い重い相談メールとか来たら、自分の睡眠時間削ってでも同じくらい長いメールを返すし、

「私はあんたの彼氏なの?」と思うくらい日常生活を細々と報告して来る友達がいたら、私も同じくらい日常生活を報告しちゃうような性格。

(内心、メンドクセー!とか思いながら)

 

結構自由人に見られることも多いけど、基本そんな感じで馬鹿真面目です。

 

今まではただ単に真面目だな、って思ってたけど。

 

それもゼーーーンブ、「自分」より「相手」を大切にしていたから。

 

そんでね。

そうやって自分のことを抑え込んでると「怒り」が溜まっていくんです。

 

「怒り」って溜まりすぎると、自分の感覚が麻痺して、「怒ってる自分」にすら気づかなくなるんです。

 

私は幼少期から親の期待に応えなくてはならない症候群だったので

(それが今は親→他人になっているだけ)

相当な怒りが溜まっていました。

 

でね。

不思議だったのは妊娠中にその怒りがどんどん解放されたの。

で調べてたら怒りって子宮付近(骨盤付近)にたまるらしい。

妊娠した私は悪夢を見たり不思議な夢を見ることで、

どんどん解放していきました。

ヨガで骨盤周りをほぐしてて泣きそうになる感覚も、

多分そんなところにあるんだろうけど。

 

そして渡米前→現在にかけて、またもや私は自分の中に怒りを発見して、

今もう衝撃を受けまくってるわけですが。

 

しっかり瞑想とヨガで解放していくつもり。

(文章にすることもそうかな)

 

きっと私がこうゆう経験をしているのは、今後似たような人を救うためにあると思うから。だって自分を押し殺していきてる日本人めっちゃ多いよね??

私はそんな人たちへの違和感を最近エネルギーでバッチリ感じる。

(なぜなら自分と似てるから!)

きっと私の使命の1つはそんな人たちを解放に向けてサポートすることにもなるのでしょう。

 

まずは実験。

正直私って本当にたくさんの人に「会いたい」って言われます。

「会いたい」って言われる人との「会う予定」だけで1週間があっという間に埋まります。

自惚れとか自慢ではなくって、それだけ偽りの自分が多くて、カメレオンみたいに相手に合わせてるからだと思います。

 

早く私は本当の「わたし」だけになって、

本当の「わたし」だけを好いてくれる人とだけ会いたいし、そんな人を大切にしたい。

偽物のわたしが嫌われることを怖がらない。

離れていくものを寂しがらない。

人気者でなくたっていいの。

いつも人に好かれる人じゃなくていいの。

 

そんないつまでもいつまでも親に「わたしのこと見て!みて!」って叫んでる小さくてかわいそうで健気な子供でいたくないの!!!!!

衝撃的な事実

最近の私はすこぶる体調が悪い。

それも風邪とかでもなく、特定の悩みでもなく。

 

何だろう???と内観したり、周囲を観察して気づいた衝撃的な事実。

 

 

 

私はまだまだ「自分の気持ち」よりもはるかにはるかに「他人の気持ち」を大切に大切に大切に生きていたこと。

 

「他人」を喜ばせるためなら平気で「我慢」し、「自分の気持ち」を抑え、腹に怒りを抱えていたこと。

 

つまりは幼少期からのパターンを未だ繰り返していた、という事実。

 

水星逆行とはこのことなの?

(今は過去のパターンや感情が浮上する時期と言われている)

 

あれだけもう「気づいた」と思っていたことを、

私が気づかずのうのうと繰り返していた事実に衝撃。

 

そりゃ、体調も崩しますわ。夜もねれなくなりますわ。(現代夜中3時)

 

 

今日「大好き」「尊敬」と思えるお友達と出かけて、ランチをして、思いっきりおしゃべりして気づいたことがあります。

 

私が心から「大好き」と思える友達ってそんなに多くない。

(超失礼なこと言ってるのは自分でわかってます)

 

もっというと、今アメリカに来て半年で出会った中で会う友達のほとんどが「嫌いじゃない」「悪い人じゃない」人たち。尊敬できないし、あんまり共通の話題もないし、正直自分からは誘わないけど、「会いたい」と言われるから会う、みたいな。

(超失礼すぎることを言ってるのはわかってます)

 

そして、そんな風にしているのも自分が原因。

 

どんな人にも親切にして、笑顔で、話を聞いてあげて、励ましてあげるから。

 

でも、私の中の「わたし」はチョーーーーー怒ってます!!!キレてます!!

 

何で私の気持ちを無視するの?

何でわたしが一方的にいつも励まさなきゃいけないの?

何でわたしが一方的にいつも元気をあげなきゃいけないの?

わたしだって元気が欲しいよ!

わたしの話を聞いて!聞いて!聞いて!

 

そんな叫びがやっと「私」の耳に届きました。

 

今日、大好きなお友達にも指摘されてやっと気づけた。

 

それに、好きじゃない人に対する私の「優しさ」って多分本当の優しさではない。

内心、「何それ?意味わかんない」とか思っても、満面の笑みで受け入れて、励ますなんて。ものすんごい裏切りじゃないですか???

 

 

気づけたから、もうこの癖手放します。

 

今まで、極端なくらいに自分の気持ちを押し殺して、我慢してきたから、

これからしばらくの間は「極端なくらい」自分の気持ちを大切にします。

 

まずは大好きじゃない人との予定は全部キャンセルしました。

「会いたい」「大好き」って言われても。

「あなたしかわかってくれないから」とか言われても。

 

私が「好き」「会いたい」と思えなかったら、会いません。

 

私はアメリカに来る前も同じことで自律神経失調症になりまして。

その時は理由分からなかったけど、今やっとわかった。

 

「会いたい」「話を聞いて欲しい」と言われるがままに流されすぎた自分に!

大して楽しくもない、何の刺激もない、ただただ消費されてるだけの関係に甘んじてた自分に!!

 

世界で1番大切な自分を大切にできない奴が、本当の意味で他人を大切になんてできないはずだから。

 

 

新たな夢

また少し挑戦したいことができて、嬉しい。

 

1つはライターとしての自分を確立させていくこと。

やっぱり私は文章を紡ぐのが大好き。

昔から本を読むのも書くのも大好き。

昔は小説を書いたりもしていたけど、いつの日からかそんな自分をずっと封印していた。

文章なんて書けたってなんの意味もない、

そもそも大したもの書けないし、って自分を否定してた。

でもそもそも大したものが書ける書けないが大切なんじゃなくて、

それをしていて楽しいか、好きか、が大切なんじゃないか、と気づいたのはここ最近の話。

 

眠るの忘れるくらい熱中できるのは何かを書いている時なんだ。

 

妊娠してブログに熱中しだしてから、何かが自分の中でも目覚めだした。

今のこのブログは完全に自分の心の吐き出しだけだけど、

こうゆうのじゃなくて(笑)、

秋からはきちんと誰かに読んだもらうための文章をしっかり書くことをやってみたい。

 

2つ目は「睡眠」について研究していくこと。笑

これはまず自分のため(笑)

思春期から不眠が日常だった私。

睡眠薬も心療内科も経験。

それからは寝れたり練れなかったりだけど、やっぱりストレスがかかると寝れなくなる。

子供産んでからは慣れない育児にバタバタで不眠になり、メニエール発症。

子供の本格的な夜泣きで死にかけ、週の半分くらい徹夜みたいな生活w

 

書き連ねるとひどいwww

 

そんな私、今でも何か心配事やストレスがあると、普通にほぼ寝れません。

睡眠3時間とかも、別に普通。

それでも日中そこまで辛くない体になってしまった。

 

でも最近気づいた。

 

しっかり落ち着いてヨガニドラや瞑想をすると、寝れる。

ヨガの生徒さんにも同じことを言われた。

瞑想ってすごい。

あとボディケアやセルフマッサージ、オイル、アロマなんかの力もすごく感じる。

ここら辺の研究も楽しみ!!

 

それに睡眠って人生の半分を占めるから、

睡眠が豊かに慣れば人生が豊かになるようなもんじゃない?

あと、睡眠中に脳おお掃除をしていて、潜在意識とかも活性化される。

睡眠の質を上げるのは人生の質を上げること。

って不眠体質の私が言っても説得力ないけど!

 

眠るのが苦手な私だからこそ、

ここいら辺を研究していきたいと思い始めた。

自分の体を使って研究して、

睡眠アドバイザー的なそんな感じになりたい(笑)

ストレスで不眠がち、眠りが浅い人に、

寝れてる人も、さらに質を上げるために、

瞑想などのメンタル面、

アロマやボディケアなどのツール面から、

アドバイスができる人になりたい!!!

 

突然すぎる野望だけど急に思いついたもんだから(笑)

野望がたくさん❤️

今の自分のままで

今のままの自分で完璧だよ

今のあなたが素晴らしいんだよ

 

 

この言葉の意味がズーーーットわからなかった。

 

もっとすごいあの人の方が上じゃない?

まだまだな私のことなんて好きになれないよ

 

ずっとそうやって心の底で思ってた。

 

人のことは本気で心からあなたは素晴らしいって思えるし信じられるのに、

自分のことはいつまでも信じられなくて。

 

でもなんだか。

 

最近その殻を破り始めてる自分にも気づく。

 

遠慮もしなくていい。

誰かに好かれなくていい。

 

今の自分で最大限に生きていれば。

 

本当にそれって最高なんだ、って。

 

今はまだうまく言葉にできないけど。

 

もう少し身体で感じて言葉にできるようになったら、

それを誰かにまた伝えて生きたいなと思う。

涙が出るほど嫉妬する

芸術が大好きだ。アートが大好きだ。

だから私は大学でもアートが専攻だった。

学生が創る映画祭の運営をしていた。

 

いつも何かを表現する人、

自分を解放して自分を全開で表現する人が大好きだ。

 

それは有名とか全然関係なくて、

売れないバンドの演奏かもしれないし、マニアックな映画かもしれないけど。

 

子供を産んで主婦の生活をしばらくして、それが落ち着いて。

 

久しぶりに触れる魂からのアートは一瞬で心を鷲掴みにして次の瞬間に涙が溢れるようなエネルギーとパワーがあって。

 

 

あたしは心底嫉妬した。

 

 

感動した、好き、とかそんなレベルじゃなくて。。

 

最近はひたすら心底嫉妬してしまう。

 

かといってあたしは別に音楽を作りたいとかは微塵も思わないし、

映画をさぁ作ってやろう!とも思わない。

 

そう、私が体現したいことでもあり、そして嫉妬するのは、

 

 

「自分を自分で表現して生きている度合い」

「本気で魂を震わせる生き方をしている度合い」

 

別にサラリーマンだろうが主婦だろうが何も関係ない。

職業だとか、何をしてるとか関係なくて。

 

本気で生きてる人はそれだけで輝いてるし人の心に訴えるものがある。

 

心震わせて生きろよ!!

中途半端に生きてんな。

 

そんなメッセージに感じる。

あたしは自分の子供にも、なんでもいいから、

心から熱中できるものを見つけて欲しいと願っている。

 

 

人にバカにされてもいい、

ただ、自分だけが自分を誇りに思えるもの。

時間を忘れるほど没頭できるもの。

 

あたしの場合はなんだろな、

やっぱりヨガについて内観したり心を観察したり、

こうやって文章を書きなぐることも、

丁寧に誰かのために文章を紡ぐことも好きだな。

 

思えば、学生時代から読んだ本の量は人に負ける気がしないな。

 

あの時はなんの意味があるんだあたしの趣味なんて!!

って思ってたけど、それは無駄じゃなかった。

 

あたしの感性とかよく褒められる語彙の幅は、

ひたすら1人で図書室にこもって本を読みまくってた、

その時間だけが唯一自分の心が解放されていた、

暗くて暗くてだっさい、

人には決して誇れないような学生時代があるからだ。

 

 

クソつまんない奴だったのはわたしだった

本当は、いつも自分のスタイルがある雰囲気のある人に惹かれる。

 

そしてそんな人が同時に怖い。

 

何を考えているのか、わかりにくいし、

何を考えているのか、見透かされて居そうで。

 

最近、本当の自分を少しずつ解放しだしたら、

好きなファッションだって変わってきた。

 

年に合わせて、周りに合わせて、無難な格好をいつのまにか選んで居た私が、

とてつもなく気持ち悪い。

 

誰かの視線を気にして、

誰かの批判を恐れて、

無難に、誰からも好かれるような、言動、ファッションが嫌だし、

そんな人を少しバカにして居たのは、

紛れもなく自分自身がそうだったからだ。

 

海外にきて、保守的な奥様たちがたくさんいる中で、

そんな人たちはいつも「お金、持ち家、旦那の職業、子供の学校」が主な話題で、

クソつまんねぇなと思ってきた。

 

でも多分。

それをクソつまんねぇなと少し馬鹿にする自分はもっともっとクソつまんねぇ女で。笑

 

 

そんな風に周りをジャッジする前に、

自分が自分を出すことを許していれば、

多分他人のことも気にならないんだ。

 

人は人。

私は私。

 

人と自分との間に境界線を引くのが苦手な私は、

いつもそこを混同してしまう。

 

でもそこに気づき始めた今、

あとは実践していくのみ!

明るい人だよねってよく言われるけど

昔から、明るい人だよね、と言われる。

大学の時は、「こんなに明るい人がいるなんてびっくり」とすごく暗い男子に言われた。(今でもその男の子は唯一の心を本気で許せる男友達。)

 

明るい、というのは本当の素質だと思うし、無理して明るくしているつもりはない。

 

でも時々、とてつもなく疲れる時がある。

 

暗い人がいれば、自然と励ましてしまうし、

愚痴を聞かされれば、なんとでもその人が明るくなるまでずっと聞いてしまう。

落ち込んでいると悩みを打ち明けられれば、その人が前向きになれるまで色んな提案をしてしまう。

 

おせっかいおばさんなんだと思う。笑

 

それで「元気になった」と言われるとすごく嬉しい。

すごく自分の存在価値を感じる。

 

それだけならいいけど、たまに、

延々と愚痴るだけ、延々と悩んでるだけ、の人に出会うこともある。

 

そんな時とてつもなく辛くなる。

一緒に暗くなりそうにもなる。

 

 

結局いつも相手の機嫌に振り回されてて。

自分で自分の価値にOK出来ていないのかな。

 

だから定期的に突然シャットダウンをする。

 

人と会うのを一気に減らして。

ドタキャンだってするし。

暗い音楽を聴いて暗い映画を見る。

私ロシアとかの暗い小説だって大好き。

悲しくてアンニュイな世界観の音楽に浸るのも好き。

 

そんな時でも「会いたい」と思えるのが本当に私の好きな人。

自然体で居られる人なんだな。

 

何を言っているのかわからなくなってきたけど、

表面的に人と付き合うのが日に日に苦痛になってきた。

 

表面的には私、どんな人とでも上手くやれるし。

パーティとかでもめちゃくちゃ社交的に振る舞えるし。

友達もたくさんだね、って言われるし、

今でも色んなコミュニティの人と仲良くやれてると思う。

 

 

でも。

多分、それが何かが違う。

相手にいつも自分を合わせることに少し疲れている自分にも気づく。

 

いつも場を盛り上げなくたっていい。

いつもみんなに好かれる明るい子じゃなくたっていい。

 

今まで自分で「タブー」だと思ってきたことをやっていきたい。

 

多分それをすることで自分の殻がまた剥けるんだ。