書く瞑想

ブログを再開してから調子が良い。

心にあることを外に出すだけで新しいものが代わりに入ってくる。

 

私のこのブログは

誰かに自分を表現しよう、とか

「こう見られたい自分」を表現しよう、とかは一切ないもの。

何を書こうとかも書きながら考えてるし、

この書く行為自体が瞑想のようなもの。

 

19歳くらいからブログは書いてたけど、

たくさんの人に公開をすると、

その人の期待に応えなきゃいけない気がして、

いつの間にかブログの更新が億劫になっていた。

それは完全に自分の問題で、まだ私には全ての人に自分をさらけ出せる勇気がないだけなんだけど。

きっとどんなに沢山の人に公開する場合でも、

自分をそのままさらけ出せるようになったら

相当強いし、でかい器だなと思うのだけど。

(それに自分が思うほど人って他人のこと興味ないしさ。笑)

 

 

ブログじゃなくたって、

自分の想いや気持ちや感情を、

何のジャッジもなくラベリングもなくそのまま吐き出すことは大切だと思う。

 

私の場合それが旦那だったけど、

混乱した考えや感情をそのままぶつけることは、

それは時に相手を傷つけることになったり、

相手を混乱させたり、結果私も気分が悪くなったりすることもあって、

文章にしながら心を整えるのが自分にぴったりだと思った。

 

スタジオでヨガクラスを持っていた時は、

「瞑想=じっと座って集中させるもの」

みたいな感じで教わったし、教えてたけど、

本当はそうじゃないと思う。

 

音楽聴きながらでも、家事をしながらでも、

私の場合書きながら、

自分の中心に深く深く潜り込むような、

そんな感覚を受けるものは全て瞑想だ。

(ヨガは動く瞑想♫)

 

そうやって要らないものをどんどん手放すことで、

必要なものが入ってくるし、

どんどんアイディアや直感も冴えてくる♫