読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議なタイミング

あ、もうやめようかな

変えようかな

ダメなのかな

 

そう諦めかけた時、いつもいつも誰かが優しい声をかけてくれるのは、

きっと偶然じゃないと思う。

 

体操の先生みたいで嫌だな〜と思い始めた、子連れヨガ。

子供の声でレッスンはうるさいし、ペースは乱されるし、伝えたいことがうまく伝えられてる気がしなくて、もやもや。

 

そんな中、今週出産予定のママから嬉しい言葉のメールをもらったり、

5月まで毎回参加の予約を入れてくれる人がいたり。

はたまた日本にいる同じヨガイントラの仲間から、

「なんか困ってることとかあったら言ってね〜」だなんて神様みたいな連絡。

 

そんな時、

あ、このままでいいんだ

って思う。

 

正直毎日悩むし、

私の理想はこんなもんじゃないのになー、って思うこともあるし、

だけど、目の前のことを最大限にやるってこと以外ないんだなと思う。

踏み出した1歩に間違いはないから。

「やりたい」と思ったということは、

やるべき理由がきっとある。

 

そして人とのやりとりって、

一方的に「してあげる」「してもらう」っていうことはありえないと思った。

絶対に何かお互いに与えあってる。

沢山の人に支えられてやっと生きてる、のような私。

 

もっと自分の器を大きくして、

もっと沢山の人と多くの人と与え合うことができたらいいなぁ💟