読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の愛

 

くすぶっていた期間

自分を殺してた期間

 

そんな時期があったからこそ、同じような人がよく分かる。

 

上っ面だけ綺麗なこと言ってる人の心のドロドロとか透けて見えように分かる。笑

そしてそんな人の魂も本当はキラッキラで一点の曇りもないことも分かる。

 

だから私はそのくすぶってるものを取り除くことがしたいのかもしれない。

もしかしたら、自分を相手に見て投影してるのかもしれない。

それでもいいの。

 

でも相手のドロドロをグワッと受けると結構キツイ。

 

その人その人タイミングがあるから、

心を込めて、エネルギーをかけて伝えても、

伝えたいことの1割も伝わってないなと思うこともある。

それが悲しくなって疎遠になってしまった人もいる。

 

でも結局それって自分自身の中の出来事だったのかも、と最近思う。

言葉にすると難しいけど。

 

最初から「自分」と「他人」という間に問題なんてなかったんだ。

 

他人のドロドロを引き受けて、自分もドロドロになってしまう、

なんて嘘だ。

 

人が持ってる愛ってそんなに単純で浅いものであるはずがない!

 

もしもネガティブな影響を誰かから受けたとしたら、

自分の中にも同じドロドロがあるから、他人が教えてくれるんだ。

だから誰かにドロドロを引き出されたら、

自分のドロドロと合わせて一緒にポイってしてしまえばいいんだ。

ポイってした時の相手の反応は気にしなくていいんだ。

それは必ずしも、相手に受け入れられそうな形で届けなくてもいいんだ。

届けたら最後、どう受け取るかは相手の問題なのだから。

 

だから恐れずに与える人でありたい。

それは自己犠牲とか、

「役に立ちたい」という名の自己承認欲求とかじゃなくって、

もっとそんなレベルを超えた、

人の存在の基盤の愛から生まれるもの。

 

あぁ〜〜〜〜器大きくなりたい。

成長痛。

ハワイ島のキラウェア火山の女神が最高なんです。

あのくらい大きな愛が理想♡笑