与えていく

とびっきり、怖いレベルの偶然が重なる。

何かの予兆?前兆?サイン?

そんなことを思ってしまうくらい。

 

そして最近確信したこと。

 

与えて、与えて、与えていこう。

奪われることなんてないんだから。

今まで奪われた、と思ったことがあったのは全て幻想だった。

私が持っているものは、奪うことのできるような小さくてちっぽけなものじゃないもの。

私はもっともっと自分を出していく。

自分から溢れるものをどんどん渡していく。

give&takeじゃなくてgive&give

 

だって私の中のものは与えても与えてもなくならないもん

怖がらずにいこう