読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張らないことを頑張ること

頑張ることが当たり前

の人にとっては、

「頑張らないこと」って頑張ることより大変だったりする。

 

いつでも努力して、

認められて、感謝されて、褒められて、

そうじゃない自分はダメ、もっと努力して・・・・

 

これが当たり前の人にとっては、

 

遅刻したり、怠けたり、目標立てなかったり、

1日中寝て過ごしたり、無駄なことしたり、手を抜いたり、

テキトーにやりこなしたり、、

 

をするのがすごく怖い。

 

嫌われてしまう気がして

認めてもらえない気がして

ダメな自分でいてはダメな気がして

 

本当は頑張っても頑張らなくても、

存在そのもので価値があるのに。

 

ヨガでもこの癖は顕著に現れる。

 

いつも頑張るひとは、

人と比べてポーズをとるし、

「できないポーズ」を嫌う。いやがる。

もしくは息をとめてでも負けん気でやろうとする。

 

だから意識的に呼吸をして、

力を抜いて、

心地が良いと感じるところでやめてもらう。

 

それが例え完成のポーズに程遠くても、

できてないのは自分だけであっても関係なし。

 

今の自分をそのまんま認める。

 

それを繰り返してると、

だんだん自分を受け入れられるようになっていくんだよね

 

ま、いいか

ゆるくゆるく

なんとかなる

どうなっても大丈夫!

 

 

良い・悪いでジャッジしないで、

丸ごと自分を受け止める練習をヨガを通じて伝えたいんだと思う